ドラクエ村

スポンサーリンク
ドラクエ村

”ドリーミング”、”アメリカンドリーム”のもつ多世界解釈的な価値

”ドリーミング””アメリカンドリーム”といえば、いつも思い出す歌詞。15の時、通りのウインドウに、飾ってあったギターを見たとき、稲妻が俺の体駆け抜け、全ての夢が走り出し…嵐のような拍手とざわめき、フラッシュライト、ヒットチャートはNo.1…
ドラクエ村

新型宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ」の届ける広大なる宇宙の価値

この季節、夜空には神々しく星々が輝いています。「ハッブル」宇宙望遠鏡に替わって、新型宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ」が運用されつつあります。この機に、夜空を見上げると輝く星々が瞬く広大な宇宙の価値について、縮尺し思いを巡らせてみましょう…
ドラクエ村

アインシュタイン一般相対性理論の素地文章メモ15億円で落札の価値

一般相対性理論の素地文書メモは1913〜1914年の間に書かれたもので、全54ページで半分以上がアインシュタイン自身による直筆で残りは同僚の筆によるものです。奇跡的に残った直筆メモがこのたびオークションにかけられ日本円にしておよそ15億円…
ドラクエ村

「多世界解釈」の解釈者となって、パラレルワールドを覗くことの価値

以前に「多世界解釈」と、いわゆるパラレルワールドへの関心が最近とみに高まっていると記事にしました。今回具体例として、”シュレディンガーの猫”の2つの世界、”ロシアンルーレット”の6つの世界、”爆弾ブラックボックス”の3つの世界について見て…
ドラクエ村

コロナ禍予見の著?「この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた」

コロナ禍を予知したような書籍は、世の中に多少あるようですが、そんな書籍の1つ『この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた』ルイス・ダートネル著、東郷えりか訳、河出書房新社版をこの度買って読んでみましたので、思い至ったことを記事にしてみした…
ドラクエ村

「多世界解釈」量子力学を真剣に受け取る解釈へのパラレルワールド考

最近、国内の物理学専門家からの「多世界解釈」の動向をまとめた書籍『量子力学の解釈問題ー多世界解釈を中心としてー』和田純夫著 出版サンエンス社が発刊したので購入し読んでみました!(ネタバレに注意)これを機に気になっていたパラレルワールド考を…
ドラクエ村

アインシュタインの視点と、量子力学の視点でみる「三太郎の大冒険」

子どものころみた風景を再びみて、スケール感覚に違和感を感じ不思議な思いをしました。同様な感覚は物理学のみる現実世界、すなわち「合意的実在」の見方にもあてはまります!アインシュタイン以来と量子力学以降の視点でみる「三太郎の大冒険」ともいえる…
ドラクエ村

瞑想「グラウンディング」を捉え「自由意志」 の働く世界への歩き方

現代、未曽有の出来事が世間をざわつかせています。なおさら「感覚を研ぎ澄ませ」災厄を避けて生きて行きたいものです。そこで物理学から見えてくる瞬間に潜む「パラレルワールド」の正しい選択と脳生理学の明らかにした0.2秒間に「自由意志」を挟む選択…
ドラクエ村

「数学的宇宙仮説」による多世界解釈「私たちのコピー」の住む多宇宙

大事な資料や写真は用心してコピーをとって置きたくなるのが人情というものですよね!では「宇宙サイズのコピー」の存在は想像つくでしょうか?「私たちのコピー」が「地球そっくりな惑星」に住んでいる不思議!マックス・テグマーク著『数学的な宇宙』では…
ドラクエ村

「生命のコード表」フォン・ノイマンが見抜いた生物の持つ永遠の価値

アインシュタインも顔負けの天才といえば、現在主流のノイマン型コンピューターの父といわれる、ジョン・フォン・ノイマンですよね!そのノイマンが「自ら増殖する万能構築マシン」の研究をしていて大きな2つの特徴を見抜いたのでした。天才ノイマンの洞察…
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました